宮脇檀、那須別荘、offesso

宮脇檀の別荘:那須、外観

場所は那須高原インター近く旧朝日小学校南側、施主が縁あって出会った土地。当時人気だった宮脇檀さんへ設計を懇願し実現した別荘。お子様がまだ小さかったころ、まだ高速道路も通ってなく車で片道7~8時間、週末ごとに足しげく訪れたという。約700坪の熊笹が生い茂る地に自然界には存在しないコンクリートをあえて使った。2階のリビングは木構造、宮脇ワールドを象徴するような混構造の別荘となった。

JAPAN INTERIOR DESIGN No.194/1975年5月号|山荘のデザイン12: 宮脇檀・林雅子・倉俣史朗ほか
宮脇檀、福村邸、那須の別荘、offesso
エントランス
2階の木造部を持ち上げて梁を支える
宮脇檀、福村邸、那須の別荘、offesso
北側の小窓からは小学校の校庭が一望できる
宮脇檀、福村邸、那須の別荘、offesso
トイレの船舶用の丸い窓は夜になると真赤に染まる
施主が彫金で作った表札メゾンド「にがしむろ」
宮脇檀の図面

LAST
〒320-0041
栃木県宇都宮市松原2丁目5-21 木材会館4F 地図
MAIL:last@nonversus.jp
instagram:LAST
LASTはアポイント制となっております。メールにてご連絡いただくか、姉妹店のvanilla utsunomiya またはキナルLABOへとお問い合わせください。また、イベントの開催や定期的にオープンをさせていただきます。詳しくは本ブログやinstagramにてご案内致します